ザキさんの情報保管庫

主にバディファイトのデッキレシピについて書いていきます。 (当ブログに使用しているカード画像は、フューチャーカード バディファイト公式 ポータルサイト(http://fc-buddyfight.com/)より、ガイドラインに従って転載してお ります。該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。 (C)bushiroad All Rights Reserved. )

新弾の原初竜について

前回の続き(本編)。いよいよ新規を見ていきます。

 

 新規の評価

大地の右腕 グラウンド・ライティス

ついにS0のソウル抜きに対する耐性が来ました。ついでにバウンス耐性も偉い。

大海の左腕 オーシャン・レフティス

うおおお!!!待望の”カードの効果でダメージを受けない”だ!!!そして能力無効化耐性がモンスター自体についてるのもgood

 

2つに共通して言えることですが数値が15000/3/5000まで上がっているのが、「NEXT STAGE?HIKARU☆」や「原気竜天」の相対的な強化となっていてとてもうれしい。コストも特殊で原初竜のモンスターがドロップに置かれた時というタイミングになっていますが既存S0と違ってドロップから3枚というのがとても強いです。(デッキ削らない)

 

STAR SHINE FINALE☆

やったー!ドロソだ―!!ライフ回復もついてる!!!って何言ってるんだこいつ。ってカード。上記効果は言わずもがなですが、大幅なライフ回復は「エジール・ガルドラ」や「チェイサー・ビートル」の潜影が多いこの環境下において、ドロー以上に強力だと思っています。下の効果についていろいろ書いてきます。

”このカードが君の場の《原初竜》のモンスターのソウルにあるなら、”

S3のソウルになくても発動するって!?!?!要はS0のコールコストで入っちゃっても効果は有効になるわけです。新規のS0のコストでドロップから入れてもよし。ワクワクしちゃいますね。

”君のレフトとライトはそれぞれ《原初竜》のモンスターを2枚まで置け、”

まさかの腕増設。ガルパピコのように5面展開が可能になりました。スーパー火力アップだ!!!実質的に複数枚レストが少し怖くなくなりました。(全体レストはまだやめてください)新規S0達で耐性つけるもよし、既存S0で盤面荒らし、バーン振りまくるもよしで戦術が広がりました。ついでに上効果が最大5点回復5ドローになります。言葉にするとやばさを感じる。

”君のターン中、君の手札の《原初竜》は【コールコスト】を払わなくてよい。”

これが無ければ、既存腕を3回ずつ出したとするとデッキは9枚減るわ、新腕出せずに耐性つけられないわで大変なことに。コールコストを完全に消すのではなく、任意で払えるようになるのも嬉しいポイント。盤面展開を優先するか、盤面維持を優先するかで判断しましょう。たとえコストを払わず出したとしてもこのカード含め原初竜にはソウル補充効果が多いのである程度は壁作れます。

(余談ですがFTには、ヒカル君の実家の弁当屋を思うことが原初竜のカードで唯一書いてあります。)

 

エオス・リング

原初竜版「絶対の王座 ヒエラティック・スローン」です。置換効果で守る場面はいろいろありすぎて書けないので起動について。原初竜には最強サーチ、「原初の鼓動」があり、ターン1こそ無いですが、原初竜はS3が引けなければゲームにすらならないため、S0を2枚サーチするよりもS3サーチをする方が優先度が高いです。この起動効果は引けなった分のS0を探したり、防御用の新規S0を手札に加えたりなど。ついでにちょっとデッキ枚数を増やしても安心できるようになりました。コストのゲージは少し重いですが「竜王伝」や「絆竜団の絆」に触れていればS3のコールコストを含めて用意できるのでそこまでは気にならないです。

 

この4枚が今回増えた原初竜の新規です。今まで使ってきたなかで原初竜はドロップをデッキに戻してスタンドするような札や、ライフ回復or効果ダメージを受けない効果、ドロソの種類増加とカードパワーが高い新しいS3が欲しいなと思っていましたが、形は違えど最終的にやりたいことができるものがほぼ全部来ました(笑)

これらすべてを踏まえてまだ解消されていない弱点を挙げると

・高速デッキ消費

・潜影

・全体レスト

・「クロノス・トロフ」

となってきましたが、種類数が増えたことでデッキ枚数を増やさざるを得なくなり、「エオス・リング」があるとはいえ事故率が上がってきてしまいました。難しい...w

 

評価が変わったカード

STAGE OF SHINE☆COME ON!BABY☆

この2枚は単純に優秀な効果を持った新規に仕事を奪われました。「STAGE OF SHINE☆」はオーシャンレフティスの出せるタイミングの関係上、1枚くらいは入れておいてもいいと思いますが。場に残す効果に関しても新規S0で受けれるようになったのであまり使うことが無い...(あまり使わないということはゲージに余裕ができました。)ただ先撃ちすることで時を止めることに対して一応あがくことができます。

絆竜団の再起

新規S0でよくねとなってしまった。でも完全に抜けるかというとそうでもない。使ってみると理由がよくわかると思います。(結構多い)

原気竜天

使ったときの恩恵が増えたので強化されました。「STAGE OF SHINE☆」で浮いたゲージをこのカードに回せるのも理由です。

原初たる力

単純に腕の種類が増えたので使いやすくなりました。でも「原初の存在」ほど使いやすくはないので難しいところ。

HIKARU OF THE WORLD☆

環境の変化にもよりますがライフが伸びるようになったこと、5面展開できるようになったので使えるタイミングが増えてきた、という点。ついでに最大火力も6点出るようになりました。(ライフ4以下でしか使えないけど)

 

以上が僕の原初に対する個人的評価です。参考までに。

 

最後に仮組みしたデッキの紹介。

画像

56枚です。

新規は2枚ずつでいいかなというところからスタートし、オーシャンの効果を重要視して増量を行いました。(海の仲間は家族だし。)「絆竜団の絆」は破壊効果選択で新規のS0が出せるので枚数は落とせず。

軽く使ってみた感想としてグラウンドライティスを増やしたいのと「原初たる力」、「HIKARU OF THE WORLD☆」を新たに入れたいです。事故がまだまだ多いので枚数調整が難しい。とはいえ新規はかーなーり強かったので僕は嬉しいです。